なごみ茶

2010 | 06 | 30     飲むお話。

5月某日。県内牧の原市。友人のご実家であるお茶屋さんにお邪魔しました。

牧の原の5月は新茶のシーズンです           

お茶の製造工程は何段階にも分かれていました。

摘む・蒸す・揉む・揉む・揉む・乾燥・火入れ 

以上の段階をふんでやっと市場にでるそうです。

最近では機械化が進み すべての工程を

機械が行いますがそこはやっぱり 言っても機械です。機械的です。                                     

その時の葉っぱの状態を見つつ お父さんが微調整を逐一行い

手の感触・香り・味 をみながら毎年毎年             

美味しいお茶を作っています。

                                          

こちらのお茶屋さんは毎年一番茶のみ製茶しているそうです。

その期間2週間。

あれ?1年の内のたった2週間?そのためにこんなに大きな機械!

町には共同の製茶機もあるそうです。                 

でもお客様の要望に応えられる様に とのこちらの御家族のこだわり。

お父さん曰く 「いつでも好きな時にできるから気が楽だ!」

ご家族の顔を想い浮かべつつ頂く一杯のお茶。

はぁ~ なごむわ~。

  秋まで待って下さい。

2010 | 06 | 30     食べるお話。

4月某日。

これからお世話になる 小宮山さん宅へお米の種籾まきのお手伝いに伺いました。

最近では苗作りから始める農家さんも少ないというなか

こちらの小宮山さん宅では 家族全員で苗作りから

丁寧に御殿場コシヒカリを育てています。

 <籾まきしています。>

 <約2週間で凄い成長!>

一連の田作業に 今までまったく関わりのなかったひ弱な私。

こんなに手間を掛けて 毎日頂くご飯になっているのか‥ と

あらためて手を合わせたくなりました。

 <籾まきから約1ヶ月後>

 <植わった!>

そんな訳で この大変ありがたいお米を頂けるのは

秋。 INAHO にて。

 

  INAHO ご挨拶

2010 | 06 | 30     INAHO のお話

はじめまして。yakittoria INAHO です。

店舗工事着工から 1ヶ月が経過しました。

 <使用前>

 <使用中>

多くの方の御協力のお陰で 最初とは見違えるような素敵な外観・

内装になってきて それとともに私達のテンションも上がりっぱなし。

この気持ちどこにぶつけよう‥  開店準備にぶつけて下さい。

もちろん 料理もお酒も人間も もっともっと素敵にならなければ!と

日々精進  日々これ勉強です。

工事もそろそろ終盤というところでしょうか。

開店まで今しばらくお待ちくださいませ。

それまでの間も お店の日々の変化をお伝えしていきたいと思います。

 <中の壁も石貼ったりして>